金融危機を克服した米国経済

当サイトに関して

当サイトにおける内容に関してはその内容を保障するものではありません。米国経済白書や日本経済新聞を参考にしており、管理人の意向なども反映されております。あくまで参考程度にお読みください。このサイトによるいかなる損失などを補償することはありません。すべて自己責任でお願いいたします。また、当サイトでは相互リンクなども募集しています。

先週発表された米国(アメリカ)雇用統計は事前予想ほど良い内容ではなかったため、米株が売られる一方米債は買われ、為替相場FXでは円高が進むリスク回避姿勢の値動きとなった。欧州の債券市場が荒れていることもリスク回避の米債買い、円買いの一因と見られる。今晩の入札が順調に進むようだと、市場参加者の安定志向と捉えたリスク回避の円買いが入る可能性はある。ただ、明日の10年債、明後日の30年債入札が控えていることもあり、今晩の入札結果で大きく動くことは正直難しい。他に目立った材料もないことからニュースや米株の値動きに注意したい。